大阪府池田市の歯科医院 医療法人昭成会 加藤歯科 【 予防歯科・矯正歯科・小児歯科・ホワイトニング・レーザー治療・一般歯科・在宅診療】
ホーム > 小児歯科

小児歯科

 小児歯科の重要性

乳歯や生えたての永久歯に対して、虫歯や歯周病にさせない
予防を重視し、その子一人一人に合った治療をしていきます。

子供たちははまだ成熟していないので、歯の組織がスカスカで虫歯が進行しやすいです。
この時期から定期検診で歯の大切さを教え、正しいブラッシングの習慣を身につけることは将来、歯を長く持たせ、歯を作っていく上で大切なことです。


子供に歯科治療に対し、恐怖心を与えず、自分から進んで治療を受けてくれるようにじっくりと治療を進めて行きます。



長寿社会となった今、長い人生を健康で豊かに過ごす為には、歯が健全である事が重要な条件の一つになっています。

実は、健全な歯を育てる為のお母さんの役割りは、乳歯が生える以前からすでに始まっています。
胎生7週目くらいから、乳歯はもうできはじめているからです。
そして乳歯が顔をのぞかせるころには、もう永久歯が育ち始めています。
妊娠から永久歯が生えそろう12〜15歳くらいまでは、特に大切な時期です。
このとき、お母さんがどのように歯を守り育てるかが、お子さんの将来の生活に大きな影響を与えます。

◆ 輝く白い歯は、大切なお子さんの財産です!

お子さんが自分の力で、自分の歯を守れるようになるまで、この財産を大切に守り育てていく事は、お母さんの重要な仕事です。
小児歯科では、お子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を、歯科医の立場から支援していきます。虫歯が1本もない時から受診をはじめ、“お母さんといっしょになって、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい”と考えております。

小児歯科は、大人の治療とは全く違います。
子供の歯は生え変わりますが、 自然に交換しないとあごの成長が遅れます。


こどもの歯が重度の虫歯になると、大人の歯も虫歯になって生えてくることがあり、咬合誘導といって、 矯正の前段階の治療の必要性があることもあります。
そして、適切な歯科治療を行うためには、保護者様の協力が何よりも必要であり、歯科医としては、 お子様のために保護者様へのアドバイスを行うことも重要です。


医療法人 昭成会 加藤歯科
〒563-0032 大阪府池田市石橋1-4-4 石橋壱番館2F
072-762-0080

Copyright (c) Kato Dental Clinic All Rights Reserved.